神戸大学 RCUSS RCUSS,神戸大学
協力研究部門
  活動内容・プロジェクト
スタッフ
アクセス
お問い合せ
スタッフ
研究部門 研究分野 教授 准教授
医学保健学 災害救急医療学 西山 隆 山田 克己
災害健康保健学 高田 哲  小寺 さやか
人文社会 減災人間学 松岡 広路
減災社会システム 金子 由芳
国際・アジア 国際減災マネジメント 田和 正裕
アジア減災マネジメント 近藤 共子
活動内容・プロジェクト

災害救急医療学

  • DMAT(Disaster Medical Assistance Team)・災害支援に関する研究
  • 緊急医療対応に関わる人材教育および活動に関する研究
  • 地域における緊急対応者の教育研修に関する研究

災害健康保健学

災害は長期にわたり人々の生活や健康に様々な影響を与える。とりわけ、幼児、高齢者、慢性疾患や障害を持つ人々などへの精神的・肉体的な影響は計り知れない。 私たちは、災害直後のみならず、中長期間にわたる健康支援(居住環境の改善、疾病予防、トラウマへの対応など)について、国際的な視点から研究を進めている。

減災人間学

東日本大震災の被災地(大船渡市)での復興支援として、住民によるまちづくりワークショップを行っている。 住民のエンパワメント及び持続可能なまちづくりに向けての実践的な方法論を、フィールドワークを通して検証している。 特に、コミュニティ形成における「よそ者」の役割に注目を寄せている。

減災社会システム

科学技術の最先進国である日本において起こり得る災害は、他のいかなる国も防ぐのが困難であり、同時に原発のような高い技術が引き起こすという2つの側面において先端的である。 その「先端性」に対して社会的対応は著しく遅れており、その根本的問題がどこにあるのかの省察や被災地関係者との対話を通じてあるべきシステムを考究している。

国際減災マネジメント

  • 将来開発途上国で発生する大災害による被害を軽減を促進する。
  • 東日本大震災を中心とする日本国内の大災害からの教訓を研究し、その結果を海外に発信する。
  • 途上国で発生した大災害について教訓を研究し、他途上国へ発信する。

アジア減災マネジメント

  • 世界で最も災害が頻発するアジア地域において、各国の防災力向上に貢献する。
  • 我が国を含むアジア各国における、過去の大災害からの教訓や、各国の防災制度について情報発信する。
  • アジア諸国に対し、防災分野の人材育成や災害意識の啓発を行う。