神戸大学 RCUSS RCUSS,神戸大学
リスク・アセスメント研究部門
安全・安心で環境負荷の少ない都市の創生・再生へ向けて…リスク・アセスメント研究部門
  活動内容
スタッフ
活動プロジェクト
アクセス
お問い合せ
活動内容
地震、津波、豪雨などの自然災害及び環境破壊に対する都市機能、生活環境の靭性能の定量的評価と防災・ 減災を目的にした施策を学際的に研究する。地震発生メカニズムの解明、地震動・津波に対する災害リスクの同定と定量化、 防災・減災を主眼とした安全環境整備への方策を追求し、安全・安心な都市の 創生・再生へ向けてシナリオ・マップの策定を目指す。
スタッフ

地震災害リスク評価研究分野

教 授:吉岡 祥一
准教授:廣瀬 仁

地盤環境リスク評価研究分野

教 授:飯塚  敦
講師:橘  伸也
活動プロジェクト
 
地震発生メカニズムの解明と地震動・津波に関する研究

海洋プレートの沈み込みに伴う温度構造モデリングに関する研究

ダイナミックな断層破壊のモデリングに関する研究

津波の数値シミュレーションに関する研究

ゆっくり地震の発生メカニズムに関する研究

地震発生サイクルのモデリングに関する研究

プレート境界地震、スラブ内地震の震源特性に関する研究

島弧の構造と強震動に関する研究

持続可能な減災社会インフラ構築のための地盤安全環境評価手法の確立

地盤の変形と土構造物の品質評価・維持補修とライフサイクルコスト

核廃棄物緩衝材としてのベントナイト材料の力学挙動の予測手法の開発

生活空間を支持する土・水・空気3相混合構造としての地盤の数理モデル開発

豪雨による土砂災害危険度評価手法の構築

河川堤防の維持管理手法の確立

キャピラリーバリアシステムの性能評価

災害時の緊急医療活動の最適配置に対する数理計画論的アプローチ